くらし情報『九州初「ザ・リッツ・カールトン」福岡天神に2023春開業、福岡城&大濠公園から徒歩圏内の再開発地区に』

2019年7月12日 17:20

九州初「ザ・リッツ・カールトン」福岡天神に2023春開業、福岡城&大濠公園から徒歩圏内の再開発地区に

九州初「ザ・リッツ・カールトン」福岡天神に2023春開業、福岡城&大濠公園から徒歩圏内の再開発地区に

ホテル「ザ・リッツ・カールトン福岡」が、福岡・天神地区に誕生。開業は2023年春が予定されている。

ザ・リッツ・カールトンが九州初上陸
九州に初めてオープンする「ザ・リッツ・カールトン」ブランドのホテル「ザ・リッツ・カールトン福岡」。国内7軒目の「ザ・リッツ・カールトン」ブランドホテルとして、レジャーやビジネスを目的とした来訪者に有意義な宿泊体験を提供する。

ホテルのロビーは1階に置きながら、館内施設は18階から24階に入る予定。162室の客室、クラブラウンジをはじめ様々な施設で構成される。また、オールデイダイニング、専門料理のレストラン、ブティックパティスリーなど、6軒のレストラン及びバーを内包する。

天神地区の大規模再開発によって誕生
「ザ・リッツカールトン福岡」は、天神地区の大規模再開発「天神ビッグバン」エリア内におけるる「旧⼤名⼩学校跡地活⽤事業」で建設される新高層ビルに位置する。

旧⼤名⼩学校跡地は、福岡城や大濠公園にも徒歩で行ける場所にあり、「天神ビッグバン」の⻄のゲートとして、都⼼部の機能強化と魅⼒づくりを図る上で重要な役割を担う。同エリア内には、ハイグレードオフィス、創業⽀援・⼈材育成環境、イベントホール、緑に囲まれる広場なども設けられる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.