くらし情報『“遺跡”と“廃墟”を舞台にしたチームラボのデジタルアート展、佐賀・御船山楽園で』

2019年7月14日 20:30

“遺跡”と“廃墟”を舞台にしたチームラボのデジタルアート展、佐賀・御船山楽園で

“遺跡”と“廃墟”を舞台にしたチームラボのデジタルアート展、佐賀・御船山楽園で

アート集団・チームラボによるデジタルアートの展覧会「チームラボ かみさまがすまう森 - earth music&ecology」が、佐賀県武雄市の御船山楽園で開催。会期は2019年7月12日(金)から11月4日(月)まで。

遺跡と廃墟が点在する御船山楽園を舞台に
チームラボが毎年開催する「チームラボ かみさまがすまう森 - earth music&ecology」が2019年も開催。昨年まで夜間のみだった開催時間を昼間からに拡大し、50万平米にも及ぶ敷地に新作含む22の作品群を展示する。

廃墟の湯屋にあるメガリス
昼から夜にかけて見られる作品の中でも注目が『廃墟の湯屋にあるメガリス / Megaliths in the Bath House Ruins 』。廃墟と化した湯屋の中には、立方体のオブジェが群立。オブジェの表面にはコンピュータプログラムによるグラフィックがリアルタイムで描き続けられ、その場にいる人々を感知しながら瞬間ごとに異なる表情を呈する。

森の中の、呼応するランプの森とスパイラル - ワンストローク、夏の森
『森の中の、呼応するランプの森とスパイラル - ワンストローク、夏の森 / Forest and Spiral of Resonating Lamps in the Forest - One Stroke, Summer Forest』も、昼夜問わず鑑賞できる展示作品の一つ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.