くらし情報『「とらや」特別展が東急プラザ銀座で、菓子づくり紹介&"熟し柿"イメージの和菓子ドリンクセット』

2019年9月2日 13:20

「とらや」特別展が東急プラザ銀座で、菓子づくり紹介&"熟し柿"イメージの和菓子ドリンクセット

「とらや」特別展が東急プラザ銀座で、菓子づくり紹介&"熟し柿"イメージの和菓子ドリンクセット

東急プラザ銀座が、老舗和菓子屋「とらや」の特別展示「TOKYU PLAZA GINZA × Bunkamura SPECIAL PROGRAM ~とらや 和菓子の原理展~」を、東急プラザ銀座6階のパブリックスペース「KIRIKO LOUNGE」で開催する。期間は、2019年10月11日(金)から10月27日(日)まで。

「TOKYU PLAZA GINZA × Bunkamura SPECIAL PROGRAM」は、東急プラザ銀座で定期的に開催される、銀座に集う"大人"の嗜好に合った多彩なジャンルのカルチャーの提供や、ジャンルを超えたコラボレーションで新しい文化を発信する企画だ。

今回の企画では、銀座の秋の風物詩「銀茶会」に合わせ、室町時代に創業し、今もなお日本文化を牽引する老舗和菓子屋「とらや」の菓子づくりや、和菓子の原理を紹介する。紹介の映像やデザインは、パリで行われた「魯山人展」の企画や会場設計を手がけた南木隆助が担う。

会期中は、隣接する「数寄屋橋茶房」で、千利休の茶会で菓子として使われていた「木練柿」と、栗や砂糖、寒天を使った「栗ごよみ」を提供。「木練柿」は、枝になったまま甘く熟した柿を表現した和菓子で、中にあんこがぎっしりと詰まっている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.