くらし情報『書籍『クイーン全曲ガイド』ボヘミアン・ラプソディなど公式録音全201楽曲を解説』

2019年9月14日 13:45

書籍『クイーン全曲ガイド』ボヘミアン・ラプソディなど公式録音全201楽曲を解説

書籍『クイーン全曲ガイド』ボヘミアン・ラプソディなど公式録音全201楽曲を解説

クイーンの公式録音全楽曲201曲を解説した書籍『クイーン全曲ガイド』が、2019年9月12日(木)に発売される。

2018年公開の映画『ボヘミアン・ラプソディ』のヒットから、注目を集め続けているクイーン。2020年1月には、クイーン+アダム・ランバート来日公演「ラプソディ・ツアー」も控えている。クイーンの全曲ガイド本は、かつて日本国内でも出版されていたが現在は絶版。入手は洋書のみの状態だったが、そんな中発売されるのが、石角隆行著『クイーン全曲ガイド』だ。

『クイーン全曲ガイド』では、クイーンのファーストアルバム「戦慄の王女(1973)」から「メイド・イン・ヘヴン(1995)」の15枚のオリジナル・アルバムに収められた172曲に、シングルB面などアルバム未収録の20曲を加えた全192曲のスタジオ録音曲を紹介。さらに、ライブ盤に収録されたカバー曲9曲も含めた全201曲を徹底的に解説している。

各章はアルバム毎にまとめられており、それぞれのアルバムのチャートの動向、制作時の背景や、メンバーの動きが時系列で綴られている。解説の内容はレコーディングでのエピソードや、詞やサウンドの分析、プロモーション・ビデオなど様々。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.