くらし情報『三鷹の森ジブリ美術館「手描き、ひらめき、おもいつき」展、宮崎駿の絵やメモで振り返る展示や建物の構想』

2019年10月4日 12:00

三鷹の森ジブリ美術館「手描き、ひらめき、おもいつき」展、宮崎駿の絵やメモで振り返る展示や建物の構想

三鷹の森ジブリ美術館「手描き、ひらめき、おもいつき」展、宮崎駿の絵やメモで振り返る展示や建物の構想

「手描き、ひらめき、おもいつき」展が、東京・三鷹の森ジブリ美術館にて2019年11月16日(土)から2021年5月まで開催される。

宮崎駿の絵やメモで振り返る「三鷹の森ジブリ美術館」
「手描き、ひらめき、おもいつき」展は、今まで三鷹の森ジブリ美術館で行われてきた企画展示や、三鷹の森ジブリ美術館設立に至る経緯、建物の構想などを明らかにする展示。三鷹の森ジブリ美術館という建物を建て、展示物をコツコツと作ってきた、その作業内容を、宮崎駿監督自身の描いた絵や文章とともに紹介する。

企画展の構想やスケッチ
第一室では、第1回目の企画展示『千と千尋の神隠し』をはじめ、宮崎駿が携わった企画展示について紹介。どのようにして企画が生まれ、何を考えて修正し、伝えたいものに近づけていったのか、という創作のプロセスに、当時描かれた企画書やスケッチなどの資料を通して迫っていく。

資料の中には試行錯誤を重ねたものもあれば、“ひらめき”や“おもいつき”で生み出されたものもあり、創作における苦悩や、楽しさを感じ取れる展示内容となっている。

美術館創設の経緯やアイディア
第二室では、スタジオジブリが美術館を作ろうと思い立った経緯や、アイデアが描きとめられたイメージボードを展示。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.