くらし情報『シンヤ コヅカ 2020年春夏コレクション - 平凡な日常に潜む“曖昧性”』

2019年10月20日 15:00

シンヤ コヅカ 2020年春夏コレクション - 平凡な日常に潜む“曖昧性”

シンヤ コヅカ 2020年春夏コレクション - 平凡な日常に潜む“曖昧性”

シンヤ コヅカ(SHINYA KOZUKA)2020年春夏コレクションが、Rakuten Fashion Week TOKYO 2020 S/S4日目の2019年10月17日(木)に、インスタレーション形式で発表された。

“平凡な生活”をテーマに
今季のインスピレーション源になったのは、イギリスのアート集団・ヤンファミリーによる、身近な生活用品を使用したユーモラスな写真集。そこからイマジネーションを膨らませたコレクションは、“平凡な生活(ORDINARY LIFE)”をテーマに、どこか一捻りを効かせたリアルクローズを展開する。

平凡という言葉の“曖昧さ”
“そもそも、平凡とは何なのか?”。服作りの上でデザイナーが探求した“平凡”の概念とは、一言に明確な基準がないのが事実だ。人の数だけ異なる価値観や物事の視点。平凡にも非凡にもなりうる、物事の“曖昧さ”を表現するかのように、会場に現れたモデル達は全員顔が覆われており、性別も人種も隠されている。

違和感をまとったリアルクローズ
彼らが纏うのは、横縞のトップスや縦縞のシャツ、単色のセットアップなど、一見“平凡”に見えるリアルクローズ。しかしよく目を凝らしてみると、どこか“違和感”を感じさせる生地が使用されているのが特徴だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.