くらし情報『国内最多200品種の蘭が集結「大胡蝶蘭展」長崎・ハウステンボスで、“お花見”スポット&蘭カフェ』

2019年11月24日 17:25

国内最多200品種の蘭が集結「大胡蝶蘭展」長崎・ハウステンボスで、“お花見”スポット&蘭カフェ

国内最多200品種の蘭が集結「大胡蝶蘭展」長崎・ハウステンボスで、“お花見”スポット&蘭カフェ

「大胡蝶蘭展」が、2019年11月30日(土)から2020年3月15日(月)まで、長崎・ハウステンボスで開催される。

「大胡蝶蘭展」には、国内最多200品種の胡蝶蘭が集結。ピンク、イエロー、ホワイトなど、色とりどりの胡蝶蘭で埋め尽くされる会場は、非日常的なムードが漂う神秘的な世界へと様変わり。歩みを進めるごとに、多彩なアレンジが加えられた胡蝶蘭のアート空間を楽しむことができる。

注目は、“ひと足早い春”をイメージした新スポット「蘭でお花見」。部屋に設置された約3.5mの大木には、桜に代わって、ピンク色の蘭の花をデコレーション。まるで満開の桜が降り注いでいるかのような風流な演出が施されている。

また色鮮やかな蘭で覆われる「蘭のトンネル」など、毎年人気のスポットもバージョンアップして登場。作品は全て自由に撮影可能なので、お気に入りの場所で記念に1枚映してみてはいかがだろう。

会場を回った後は、カフェでほっと一息。パレス ハウステンボス1階にあるティーサロンは、多彩な蘭で彩られた空間「蘭カフェ」へとチェンジ。“優雅”という花言葉を持つ蘭に囲まれたティータイムは、きっと特別な時間へと変えてくれるはずだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.