くらし情報『有楽町「プラネタリア TOKYO」ドビュッシーの名曲を生演奏&星空と共に楽しむ新作プログラム』

2019年12月1日 11:40

有楽町「プラネタリア TOKYO」ドビュッシーの名曲を生演奏&星空と共に楽しむ新作プログラム

有楽町「プラネタリア TOKYO」ドビュッシーの名曲を生演奏&星空と共に楽しむ新作プログラム

「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」では、クラシック音楽の生演奏と星空を楽しむプログラム「LIVE in the DARK -CLASSIC-」の上演を、2019年12月24日(火)よりスタートする。

星空×暗闇×音楽の音楽ライブエンターテインメント
プラネタリウムが映し出す圧倒的にリアルな星空、良質な音楽、そして暗闇が共鳴する「LIVE in the DARK。」。星々が輝く暗闇の中で美しい音楽に身をまかせる、新しい音楽ライブエンターテインメントだ。

ドビュッシーやサティの音楽を、フランスの星空とともに
本公演で演奏される楽曲は、1860年代〜1900年代にフランスで生まれたクラシックの名曲たち。中でも、フランス音楽界の印象派の中で最も大きな影響力を持ったクロード・ドビュッシーと、クラシック音楽界の異端児とされながらも、現代音楽に大きな影響を与えたエリック・サティの音楽に焦点を当てる。

誰もが知るドビュッシーの「月の光(ベルガマスク組曲・第3曲)」や「夢(夢想)」、浮遊感のある旋律が星空への没入感を高めるサティの「ジムノペティ第1番」や「グノシェンヌ第1番」といった名曲の数々を、プラネタリウムで再現した当時のフランスの星空とともに楽しめる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.