くらし情報『ルイ・ヴィトンのジュエリーデザイナーによるブランド日本上陸、“タグ式”ブレスレット「シリーズ001」』

2019年12月21日 12:25

ルイ・ヴィトンのジュエリーデザイナーによるブランド日本上陸、“タグ式”ブレスレット「シリーズ001」

ルイ・ヴィトンのジュエリーデザイナーによるブランド日本上陸、“タグ式”ブレスレット「シリーズ001」

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のジュエリー&ウォッチ部門のアーティスティックディレクター、フランチェスカ・アムフィテアトルフのブランド「シーフ・アンド・ハイスト(Thief and Heist)」がアジア初・日本初登場。ブレスレット「シリーズ001(Series 001)」をリステア ブティック(RESTIR BOUTIQUE)にて2019年12月18日(水)より販売する。

フランチェスカ・アムフィテアトルフは、現在、ルイ・ヴィトンのジュエリー&ウォッチ部門のアーティスティックディレクターとして、ハイジュエリーコレクションとウォッチのデザインを監修している。過去には女性初のティファニー(Tiffany & Co.)のデザインディレクターに就任し、「ティファニー T」や「ハードウェア」など、現在のブランドを象徴するジュエリーを手掛けてきた。

そんな華々しい経歴をもつフランチェスカが、既存概念にとらわれない新しい形のアクセサリーブランドとしてスタートした「シーフ・アンド・ハイスト」。現在は、ロンドンの「ドーバー ストリート マーケット」や、パリのセレクトショップ「コレット」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.