くらし情報『明治神宮で芸術・文化のイベント「神宮の杜芸術祝祭」名和晃平による“牡鹿”の彫刻など野外彫刻展も』

2020年3月6日 17:25

明治神宮で芸術・文化のイベント「神宮の杜芸術祝祭」名和晃平による“牡鹿”の彫刻など野外彫刻展も

明治神宮で芸術・文化のイベント「神宮の杜芸術祝祭」名和晃平による“牡鹿”の彫刻など野外彫刻展も

明治神宮は、日本人の自然観を体現した芸術と文化のフェスティバル「神宮の杜芸術祝祭」を2020年3月20日(金)から2021年3月31日(火)までの期間、開催する。

明治神宮で芸術×文化のフェスティバル
「神宮の杜芸術祝祭」の開催期間中は、年間を通して明治神宮の内苑・外苑にて様々な展覧会やイベントを開催する。自然の中で芸術を楽しめる野外彫刻展や美術展、神宮周辺で発展した現代文化の企画展などを楽しめる。

神宮の杜 野外彫刻展「天空海闊(てんくうかいかつ)」
「神宮の杜芸術祝祭」のオープニングイベントとして、神宮の杜 野外彫刻展「天空海闊(てんくうかいかつ)」を2020年3月20日(金・祝)から2020年12月13日(日)まで開催。内苑の各所に、名和晃平の牡鹿モチーフの彫刻作品《White Deer (Oshika)》や三沢厚彦の《Animal 2012-01》といった立体作品が登場する。まるで神宮の森の中に繁る木々と呼応しているかのように、芸術作品の数々がひっそりと佇んでいる。

百年の杜のアート「紫幹翠葉(しかんすいよう)」
また、2020年6月12日(金)から9月30日(水)までは、明治神宮ミュージアムにて百年の杜のアート「紫幹翠葉(しかんすいよう)」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.