くらし情報『まとふ 2020年秋冬コレクション - 藍染から浮かびあがる、自然とひとの“循環”』

2020年4月7日 17:20

まとふ 2020年秋冬コレクション - 藍染から浮かびあがる、自然とひとの“循環”

まとふ 2020年秋冬コレクション - 藍染から浮かびあがる、自然とひとの“循環”

まとふ(matohu)の2020年秋冬コレクションが発表された。

自然、手仕事、そして循環──
2019年春夏よりプロジェクト「手のひらの旅」を継続するまとふは、2020年春夏に引き続き“藍染”に着目。徳島・上勝町に細々と続く藍染の現場を訪れたデザイナーの堀畑裕之と関口真希子は、自然のリズムに寄り添い、何百年と受け継がれる知恵と技術にふれる。今季のテーマは「循環する命」──藍染の更なる可能性を探ることで、身近な資源を継承しつつ活かす“サスティナブル”の本来の意味を問いかけた。

秋冬の“藍染”の表現
藍染というと、綿や麻といった素材のために春夏のイメージが先行する。今季のまとふはそうした藍染を、ウールやカシミヤ、シルクなど藍染の難しい秋冬の素材へと用いた。すっきりとしたフォルムのスーツには、ウールの糸を藍染して織りあげたツイードを使用。シルクのストールやカニミアのロングニットにも藍染を施し、素材の違いが生みだす藍色の多彩さを表現している。

また、程よいAラインのワンピースやブランドの定番である長着、ジャケットには、ウールフラノに縫い絞りを施すことで、藍染に大胆なアクセントを。襟の裏側など随所を異素材で切り替え、素材による藍染の色の差を取り入れている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.