くらし情報『「バウハウス 100年映画祭」東京都写真美術館ホールで、モホイ=ナジやM・ビルら関連全7作品を上映』

2020年7月6日 11:45

「バウハウス 100年映画祭」東京都写真美術館ホールで、モホイ=ナジやM・ビルら関連全7作品を上映

「バウハウス 100年映画祭」東京都写真美術館ホールで、モホイ=ナジやM・ビルら関連全7作品を上映

「バウハウス 100年映画祭」が東京都写真美術館ホールで開催。会期は2020年8月8日(土)から8月28日(金)まで。

創設から100年「バウハウス」映画を通して解剖
1919年にドイツで創設された、建築、デザイン、アート、写真など広範分野に渡る、芸術や技術の教育機関「バウハウス」。独自の教育システムを作り上げ、閉校までの14年間、様々な芸術分野に革新をもたらすと共に多数の著名クリエイター、アーティストを輩出した。

そんな「バウハウス」を関連映画を通して解剖していくのが、「バウハウス 100年映画祭」。7月17日(金)より東京ステーションギャラリーで開催する「開校100年 きたれ、バウハウス ―造形教育の基礎―」と併せて、その歴史を紐解いてゆく。

5プログラム全7作品を上映
上映作品は、2019年開催時のラインナップに新たな作品『ニュー・バウハウス』を加えた、AからEの5プログラムで構成。「バウハウス」の遍歴を辿る作品から、ラースロー・モホイ=ナジ、マックス・ビルら「バウハウス」と深く関係する人物らにフォーカスした作品まで、全7作品をラインナップする。

Aプログラム『バウハウス 原形と神話』
ヴォルフ・ヒルデブラント、ゲルトルート・アルント、フーベルト・ホフマンら超一流の教師陣が集った「バウハウス」。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.