くらし情報『「ドラえもん映画祭2020 アンコール上映」東京・神保町シアターで、80〜00年代初期を中心に15本』

2020年7月10日 11:40

「ドラえもん映画祭2020 アンコール上映」東京・神保町シアターで、80〜00年代初期を中心に15本

「ドラえもん映画祭2020 アンコール上映」東京・神保町シアターで、80〜00年代初期を中心に15本

「ドラえもん映画祭2020 アンコール上映」が、2020年7月25日(土)から8月6日(木)まで東京・神保町シアターにて開催される。

「ドラえもん映画祭2020」再び
1980年3月公開の第1作『のび太の恐竜』以来、数多くのシリーズが制作・公開され、2020年8月7日(金)公開予定の最新作『のび太の新恐竜』でついに40作目を迎える「映画ドラえもん」シリーズ。

「ドラえもん映画祭2020」は、過去作品の上映を通じてその歩みを振り返るべく、もともと2020年2月1日(土)から3月5日(木)までの期間で開催が予定されていた企画。しかし、社会情勢を鑑みて一部日程が中止となってしまったため、今回は「アンコール上映」として、上映が叶わなかった作品を中心にしたラインナップで再び開催される運びとなった。

『のび太と鉄人兵団』『のび太とブリキの迷宮』など80〜00年代初期を中心に全15本
作品ラインナップは、『のび太の宇宙小戦争』(1985)、『のび太と鉄人兵団』(1986)、『のび太のドラビアンナイト』(1991)、『のび太とブリキの迷宮』(1993)、『のび太の宇宙漂流記』(1999)、『のび太の月面探査記』(2019)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.