くらし情報『メゾン マルジェラ 21年春夏Co-Edコレクション - タンゴのカタルシス、躍動が生むエネルギー』

2020年10月15日 16:55

メゾン マルジェラ 21年春夏Co-Edコレクション - タンゴのカタルシス、躍動が生むエネルギー

メゾン マルジェラ 21年春夏Co-Edコレクション - タンゴのカタルシス、躍動が生むエネルギー

メゾン マルジェラ(Maison Margiela)は、2021年春夏Co-Edコレクションをパリ・ファッションウィークにてフィルム形式で発表した。

アルゼンチンのタンゴからインスパイア
今季、クリエイティブ・ディレクターのジョン・ガリアーノがインスピレーションを得たのはアルゼンチンのタンゴ。2人でステップを踏む“パドドゥ(pas de deux)”に見られるような、身体も心もお互いに預け合う信頼関係、そしてダンスが生み出すカタルシスに着目した。人と人とが繋がり、舞い踊り躍動することで精神を解放し、さらに前進していくエネルギーがデザインに落とし込まれている。

競技ダンスのゼッケンに見立てた数字モチーフ
ウェアの背中には、タンゴの競技ダンスで用いられるゼッケンに見立ててメゾン マルジェラの各ラインを示す数字を大きく配してカテゴライズ。その一方で、コレクションのために開発されたジェンダーレスなピースには真っ白なラベルをオン。象徴的なこれらのピースはウィメンズ、メンズの定番アイテムのディテールに落とし込まれて継続的に展開され、メゾン マルジェラの文脈の中に普遍的な根を張っていく。

濡れた時のドレープを生み出すカッティング
2020年7月に発表されたメゾン マルジェラ「アーティザナル」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.