くらし情報『ユニクロ×ジェイ ダブリュー アンダーソン21年春夏、アート&クラフト発想の“花”刺繍ウェアなど』

2020年12月4日 20:15

ユニクロ×ジェイ ダブリュー アンダーソン21年春夏、アート&クラフト発想の“花”刺繍ウェアなど

ユニクロ×ジェイ ダブリュー アンダーソン21年春夏、アート&クラフト発想の“花”刺繍ウェアなど

ユニクロ(UNIQLO)とジェイ ダブリュー アンダーソン(JW Anderson)のコラボレーションコレクション「ユニクロ アンド ジェイ ダブリュー アンダーソン(UNIQLO and JW ANDERSON)」より、2021年の新作が登場する。

「ユニクロ アンド ジェイ ダブリュー アンダーソン」2021年春夏コレクションのインスピレーション源となったのは“春”のイメージ。コレクション内では、“春”を感じさせる色合いやデザインと共に、デザイナーであるジョナサン・ウィリアム・アンダーソンの創作の源となっているアートや工芸のアイディアを随所に盛り込んだ。

キーポイントとなるのが、Tシャツやポロシャツなどメンズアイテムに乗せた“花の刺繍”。花以外にも、ポケットにブランケットステッチのデザインを施すなど、ハンドクラフトの温もりを感じさせるようなデザインが複数登場する。

ウィメンズでも、スモッキング刺繍を施したワンピースなど、メンズと同じく手作業の温かさを表現したデザインのアイテムをラインナップ。シャツやドレスにはリネンやコットンといったナチュラルな風合いの素材を採用し、カラーパレットはスモーキーなトーンをメインに構成した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.