くらし情報『メゾン ミハラヤスヒロ2021-22年秋冬コレクション、二律背反を表現する歪んだ服たち』

2021年1月25日 11:30

メゾン ミハラヤスヒロ2021-22年秋冬コレクション、二律背反を表現する歪んだ服たち

メゾン ミハラヤスヒロ2021-22年秋冬コレクション、二律背反を表現する歪んだ服たち

メゾン ミハラヤスヒロ(Maison MIHARA YASUHIRO)の2021-22年秋冬コレクションが発表された。

二律背反、規律に従い生まれる矛盾
メゾン ミハラヤスヒロの2021-22年秋冬コレクションのテーマは“ベーシック アンチノミー(Basic Antinomie)”。

矛盾とパラドックスに満ち、様々な問題が増え続ける現代社会。グローバリズムが正義として語られ、自らの経験し得ない、理解の範囲を超えているモノでさえも受け入れなければいけなくなってしまった。そんな現代へのアンチテーゼとして、三原は“不調和であること”の美しさを提示していく。

テーマとなるアンチノミーは日本語で“二律背反”、矛盾しつつも合理的な2つのもののこと。コレクションアイテムでは、その“二律背反”の概念を2つの異なる服同士を繋ぎ合わせたり、違った素材やパターンを複合させた構造で表現している。

“ずらし”が生む独創的なシルエット
目を惹くのが袖部分のデザイン。アームホールを前にずらして、バックの寸法を大きくすることで特大のシルエットに。レザーやデニム、ウールなどを素材にした様々なアイテムに本構造は採用されており、アイテムよってサイズのオーバー具合が異なる点もポイントだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.