くらし情報『コム デ ギャルソン 21-22年秋冬コレクション -モノクロームに映る“静寂の世界”へ』

2021年3月25日 12:35

コム デ ギャルソン 21-22年秋冬コレクション -モノクロームに映る“静寂の世界”へ

コム デ ギャルソン 21-22年秋冬コレクション -モノクロームに映る“静寂の世界”へ

コム デ ギャルソン(COMME des GARÇONS)の2021-22年秋冬コレクションが、2021年3月22日(月)に東京・南青山で発表された。

モノクロームで表現する、自分だけの“静寂の世界”
情報が溢れる現代、雑多な世の中から離れた“静寂の世界”へ。川久保玲のそんな思いから生まれた今回のコレクションは終始一貫して、モノクロームで表現された。テーマは、色彩のない閑かなる風景「ランドスケープ・オヴ・シャドウ(landscape of shadow)」。黒と白が表現する静寂は、時に儚く、時に強い。

ショーの基軸を成すドレスルックは、皆が煌びやかに着飾った、かつての貴族たちの豪華絢爛な世界を彷彿とさせる。誰しもが自分を誇張し、自分を大きく美しく見せることで、個を主張したその時代のドレスやスーツを、今季は、自分だけの空間・時間を守る服へと置き換える。球体型のドレスの一連は、“自分だけの世界”を表しているかのようだ。

しかしながら、その“自分だけの世界”は決して完全体ではない。くしゃくしゃの切れ端を張り付けてチュールで覆ってみたり、大きな三つ編みでつないでみたり。まん丸のドレスは、フロント部分だけが垂直にカットされている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.