くらし情報『映画『ハザードランプ』安田顕&山田裕貴が代行ドライバーに、男ふたりの奇妙な関係と因縁を描く』

2021年4月4日 17:05

映画『ハザードランプ』安田顕&山田裕貴が代行ドライバーに、男ふたりの奇妙な関係と因縁を描く

映画『ハザードランプ』安田顕&山田裕貴が代行ドライバーに、男ふたりの奇妙な関係と因縁を描く

映画『ハザードランプ』が2022年に公開される。

代行ドライバーの男ふたりの一夜の物語
映画『ハザードランプ』は、『アリーキャット』を手掛けた監督・榊英雄と脚本家・清水匡が再びタッグを組み誕生させた完全オリジナルストーリー。今回は“代行ドライバー”という様々な客を乗せる仕事にフォーカスし、夜の街の人間ドラマとふたりの男の奇妙な関係と因縁を描く。

代行ドライバーとして働く主人公・須貝に安田顕
地方都市で代行ドライバーとして働く主人公・須貝は、演劇ユニット「TEAM NACS」のメンバーで、『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』や『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』をはじめ、映画・ドラマ・舞台など数々の話題作に出演している安田顕が演じる。

新人ドライバーに山田裕貴
須貝の相棒として一夜を共にする新人ドライバー・刈谷には、山田裕貴を起用。『ヒノマルソウル ~舞台裏の英雄たち~』や『東京リベンジャーズ』『燃えよ剣』の公開を控える山田が、数時間のうちに変化していく男たちの物語に深みを与える。

映画『ハザードランプ』<物語>
とある地方都市。須貝は運転代行ドライバーとしてひっそりと暮らしていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.