くらし情報『映画祭「EUフィルムデーズ2021」日本初公開含む欧州作品が東京&京都に、アニメやスリラーも』

2021年4月19日 11:30

映画祭「EUフィルムデーズ2021」日本初公開含む欧州作品が東京&京都に、アニメやスリラーも

映画祭「EUフィルムデーズ2021」日本初公開含む欧州作品が東京&京都に、アニメやスリラーも

映画祭「EUフィルムデーズ2021」が2021年5月28日(金)から6月20日(日)まで東京・国立映画アーカイブにて、6月17日(木)から7月4日(日)まで京都・京都文化博物館にて開催される。

“映画で旅するヨーロッパ”テーマの映画祭「EUフィルムデーズ2021」
「EUフィルムデーズ2021」は、“映画で旅するヨーロッパ”をテーマに、欧州連合(EU)加盟国の映画を一挙に紹介する映画祭。19回目の開催となる2021年は過去最多の26カ国が参加し、日本初公開の11作品を含む全27プログラムを上映する。

ドキュメンタリー映画やアニメーション作品など
日本初公開作品には、オーストリアからオーストラリアまでの18,000kmを自転車で旅する『オーストリアからオーストラリアへふたりの自転車大冒険』や、ルクセンブルクの女性運動の歴史を記録した『彼女たちの物語』などドキュメンタリー映画がラインナップ。

また、トロント国際映画祭で注目されたスロヴェニア映画『ことの成り行き』や、「アンダルシアの犬」のルイス・ブニュエル監督が収入を失い路頭に迷ったときに、友人の宝くじの賞金で「糧なき土地」を撮影したという実話を描いたアニメーション映画『ブニュエルと亀甲のラビリンス』も見逃せない日本初公開作品だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.