くらし情報『映画『百花』菅田将暉・原田美枝子W主演で親子役に、原作・脚本・監督は『モテキ』の川村元気』

2021年12月5日 11:30

映画『百花』菅田将暉・原田美枝子W主演で親子役に、原作・脚本・監督は『モテキ』の川村元気

映画『百花』菅田将暉・原田美枝子W主演で親子役に、原作・脚本・監督は『モテキ』の川村元気

映画『百花』が2022年9月9日(金)より公開。菅田将暉、原田美枝子のW主演作品だ。

川村元気の小説『百花』が映画化
映画プロデューサー・脚本家として活躍する、川村元気の小説『百花』の映画化が決定。『告白』『悪人』『モテキ』『君の名は。』『映画ドラえもん のび太の宝島』など、数々のヒット作品を生み出してきた川村元気が、自身の体験から生み出したという『百花』は、記憶を失っていく母とその息子の物語だ。

親子とは?愛とは?人の記憶の正体とは?
女手一つ息子を育ててきた母・葛西百合子が、記憶を失っていく。一つひとつと思い出が消え去り、すべてを忘れていくなか、残った様々な時代の記憶を交錯させていく母。そんな母の姿を目の当たりにしながら、とある事件をきっかけにすれ違うようになってしまった息子・泉は、改めて親子の思い出を蘇らせていくのだった。

記憶を失っていく母と、その母と向き合う息子
息子・泉を演じるのは、第41回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞し、『花束みたいな恋をした』『キャラクター』など2021年もヒット作に出演した“若手屈指の演技派俳優”菅田将暉。

「『百花』を初めて読んだ時にびっくりしました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.