くらし情報『映画『紅花の守人 いのちを染める』なぜ紅花は愛されるのか?栽培から染色までを追うドキュメンタリー』

2022年6月24日 16:35

映画『紅花の守人 いのちを染める』なぜ紅花は愛されるのか?栽培から染色までを追うドキュメンタリー

映画『紅花の守人 いのちを染める』なぜ紅花は愛されるのか?栽培から染色までを追うドキュメンタリー

長編ドキュメンタリー映画『紅花の守人 いのちを染める』が、2022年9月3日(土)より、ポレポレ東中野ほかで全国順次ロードショー。

なぜ人は“紅花”に魅了されるのか?
『紅花の守人 いのちを染める』は、染料として使用される紅花(べにばな)を巡る、世界初の長編ドキュメンタリー映画。中近東からシルクロードを経て中国に渡り、日本へと伝わった紅花。皇室で珍重されたその色は、明治時代に入ると化学染料の台頭により、また第二次世界大戦中に国によって栽培を禁止されたことで、現代では継承の危機に瀕している。

それでも、山形の地で栽培が続けられている紅花。手間暇をかけて栽培した紅花からは、ごくわずかな紅色しかとれないにもかかわらず、この植物は、なぜ未だに愛されているのだろうか。そして、なぜ人は“紅”という色の虜になるのだろうか。

栽培から染色まで“紅花の守人”を追う
映画『紅花の守人 いのちを染める』では、紅花を守り継ぐ人々の姿を、4年の歳月をかけて記録。科学染料では生み出すことのできない繊細な色合いを表現するために、慈しみながら紅花を栽培し、昼夜を問わずに染めに没頭する“守人たち”を、雄大な山形の自然と共に映し出す。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.