くらし情報『「アナウンサーは活字を食え」 テレビニュースの字幕間違いに思う』

2021年9月8日 05:40

「アナウンサーは活字を食え」 テレビニュースの字幕間違いに思う

「アナウンサーは活字を食え」 テレビニュースの字幕間違いに思う
「アナウンサーは活字を食え」 テレビニュースの字幕間違いに思う

こんにちは、フリーアナウンサーの押阪忍です。

ご縁を頂きまして、『美しいことば』『残しておきたい日本語』をテーマに、連載をしております。宜しければ、シニアアナウンサーの『独言』にお付き合いください。

「アナウンサーは活字を食え」 テレビニュースの字幕間違いに思う

テレビニュースの字幕の間違い

当方、テレビで一番よく視るのは『ニュース番組』です。そのニュースの字幕(スーパー)に間違いが多いのに気づきます。

日本語は同音義語が多いので、そんなミスが気になるのです。

「警報機が介助(正→解除)されて鳴らなかったもようです」「エレベーター数機(正→数基)が停止したもようです」…など、そのニュースの後でアナウンサーが訂正してはいますが、ニュースコメントの担当者は、もう少し日本語を勉強して欲しいと思っています。

「アナウンサーは活字を食え」 テレビニュースの字幕間違いに思う

※写真はイメージ

当方がアナウンサーの養成時代、尊敬する先輩から「アナウンサーは活字を食え!」と教わりました。

活字はオモシロイですが、難しいです。いまだに食べ続けていますが 完食は出来ないと思いますね…。

ところでニュース原稿担当者は原稿をパソコンで打っている訳ですが 打つのではなく「書く」という感覚を持てば、同音異義語の多いニュースの原稿ミスを、少なくできるのではないか、と思ったりしています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.