くらし情報『【日本沈没 希望のひと 2話】 自分の間違いを見つめるということ・ネタバレあり』

2021年10月18日 19:30

【日本沈没 希望のひと 2話】 自分の間違いを見つめるということ・ネタバレあり

目次

・『日本沈没』を見て2つの気になること
・データの書き換えを指示していたのは…
【日本沈没 希望のひと 2話】 自分の間違いを見つめるということ・ネタバレあり

Twitterやブログでドラマの感想をつづり人気を博している、あずきごはん(@komadorama)さんによる、新連載。

TBSで始まった2021年秋の新ドラマの見どころを、あずきごはんさん独自の視点でご紹介します。

立場のある人間は間違いを認めることが難しい。

自分の発言に影響力があることを自覚しているからこそ、簡単には曲げられないのだ。

しかし、間違いを認め、真実に目を向けることで初めて道が開けることもある。

1話から衝撃の展開で話題となった『日本沈没-希望のひと-』。

2話は田所博士(香川照之)の予言通り、伊豆半島沖の日之島が沈むところから始まる。

島の沈没を目撃した後も世良教授(國村隼)は意見を曲げず、日本政府は正式に関東沈没説を否定する旨を発表した。

【日本沈没 希望のひと 2話】 自分の間違いを見つめるということ・ネタバレあり

そんな中、天海(小栗旬)の前に更なる壁が立ちふさがる。

「環境省に詐欺ビジネスを行う会社との癒着疑惑があり、その糸を引いていたのが天海だ」という旨の記事が出回ったのである。

記事は事実無根であったが、天海は謹慎処分を受け、日本未来推進会議のメンバーからも外されそうになる。

2話にして大ピンチだが、天海は簡単には折れない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.