くらし情報『ロマンがある…! 城跡で拾ったものに、「こんなことがあるのか…」』

2021年12月7日 11:15

ロマンがある…! 城跡で拾ったものに、「こんなことがあるのか…」

ロマンがある…! 城跡で拾ったものに、「こんなことがあるのか…」

城跡でドングリを拾っていた、あや(@ayataso0812)さん。

地面に落ちていたドングリを探している中、こんなものを見つけたといいます。

ロマンがある…! 城跡で拾ったものに、「こんなことがあるのか…」
ロマンがある…! 城跡で拾ったものに、「こんなことがあるのか…」

あやさんが拾ったものは、歴史上の銭貨である、『寛永通宝』!

諸説ありますが、寛永通宝は1630年代から幕末までの230年あまりにわたり、全国で鋳造と発行が行われていたといわれています。

あやさんは、拾った寛永通宝を城跡の管理事務所に届け、調査をしてもらうことにしたとか。

拾ったことについて、このように想いを明かしています。

城跡で城が栄えていた頃に、使われていたかもしれないものを拾ったことに価値があると考えています。

当時のことに想いを馳せることができて、ロマンを感じます。

これを拾わなければ、考えもしなかったようなことに出会えて、嬉しいです。

あやさんが寛永通宝を発見したことに、「こんなことがあるのか…」「夢がある!」といった声が上がりました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.