くらし情報『雪の中でうずくまっていた犬 実はその犬は…? 「嬉し涙があふれた」』

2022年1月24日 11:06

雪の中でうずくまっていた犬 実はその犬は…? 「嬉し涙があふれた」

目次

・愛犬がいなくなった場所で山火事が発生
・真冬の雪山で見つかったのは…
Tahoe PAWS & TLC 4 Furry Friends

犬はさまざまな理由で、突然逃げ出してしまい、そのまま迷子になってしまうことがあります。

アメリカに住むリカルド・ロドリゲスさんの愛犬であるラスも、そんな犬の1匹。

ラスは、リカルドさんと一緒に訪れた湖のそばで、行方不明になってしまったのです。

愛犬がいなくなった場所で山火事が発生

海外メディア『CNN』によると、リカルドさんは2021年8月に友人たちとカリフォルニア州のタホ湖にキャンプに行きました。

そこでラスは、知らない人に驚いて走って逃げて行ったまま、戻ってこなかったのです。

リカルドさんと友人たちは必死でラスを探し、地元の動物保護施設にも連絡しました。

ラスの行方が分からないまま数日が過ぎた頃、タホ湖付近で山火事が発生。

火災はまたたく間に燃え広がり、リカルドさんも避難を余儀なくされ、最終的に8万ヘクタール以上が焼失する大規模火災となったのです。

そして、ラスが見つからないまま数か月が経ち、リカルドさんは「ラスはきっと誰かいい人に世話をされているはずだ」と思うようになったのだとか。

でも心の奥では、いつの日かラスが戻ってくることを期待していたといいます。

真冬の雪山で見つかったのは…

同年12月、雪が積もったタホ湖の近くでスキーをしていた人が、1匹の犬を発見します。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.