くらし情報『積もった雪に飛び込んだ友人が? 本当にあった話に「ゾッとした」「マジで怖い」』

2022年2月13日 12:39

積もった雪に飛び込んだ友人が? 本当にあった話に「ゾッとした」「マジで怖い」

積もった雪に飛び込んだ友人が? 本当にあった話に「ゾッとした」「マジで怖い」

1年を通してほとんど雪が降らない地域の人は、雪にロマンチックなイメージを抱く人が多いもの。

しかし、東北などの通称『雪国』に住んでいる人は、口をそろえてこういいます。「雪の恐ろしさをなめるな」…と。

確かに空から雪が降る光景は幻想的ですが、積もった後は多くの人の命をおびやかす存在になるのです…。

友人が積もった雪に飛び込んだら、恐ろしい展開に

雪の危険性にまつわる漫画を描いたのは、大鳥(@Otori0704)さん。

昔、学校の行事でスキーをすることになった大鳥さんは、友人の行動によって雪の恐ろしさを実感したといいます。

積もった雪に飛び込んだ友人が? 本当にあった話に「ゾッとした」「マジで怖い」

友人は真っ白でフワフワな雪を見て、全身をうずめようと思ったのでしょう。

しかし倒れ込んだ次の瞬間、友人の姿は大鳥さんの視界から消えました。なぜなら、倒れ込んだ下には地面がなかったのです。

不幸中の幸いか、落下先は駐車スペースで適度に除雪されていたこともあり、友人は腕の骨折で済んだとのこと。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.