くらし情報『愛犬を泣く泣く手放したホームレスの青年 数日後、最高の展開が待っていた』

2022年4月26日 17:39

愛犬を泣く泣く手放したホームレスの青年 数日後、最高の展開が待っていた

目次

・愛犬を手放したホームレスの高校生
・「青年と子犬を助けたい」という人が続々
※写真はイメージ

動物保護施設で引き取る犬や猫の中には、飼い主がやむを得ない事情で飼えなくなったペットがいます。

2022年4月、アメリカのミシシッピ州にある『セナトビア・テート郡アニマルシェルター』に預けられた子犬も、まさにそんな1匹でした。

愛犬を手放したホームレスの高校生

ジェイダという名前のメスの犬は、まだ生後4か月の子犬で、飼い主は17歳の青年でした。

シェルターにやってきた青年は、スタッフのクリス・ロビンソンさんに「僕の犬を預かってもらえませんか」と尋ねます。

その時、シェルターには空きがなかったのですが、クリスさんは青年の事情を知り、ジェイダを預かることに決めました。

なぜなら…青年は橋の下で暮らしていて、ジェイダの世話をするお金がなかったのです。

ウェブメディア『The Dodo』によると、青年はジェイダのそばにドッグフードの入った袋を置いて、涙を流しながらシェルターを後にしたそう。

残されたジェイダは悲しみに打ちのめされたように、力なく床に寝転んでいました。

Update: there has been alot of comments of people wanting to help both the boy and his dog- we have passed on some info...

Posted by Senatobia-Tate County Animal Shelter on Tuesday, April 5, 2022
Update: there has been alot of comments of people wanting to help both the boy and his dog- we have passed on some info...

Posted by Senatobia-Tate County Animal Shelter on Tuesday, April 5, 2022

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.