くらし情報『【『正直不動産』第6話感想・考察】山下智久&市原隼人の最強ペア、真摯に向き合う姿から学ぶもの』

2022年5月15日 18:55

【『正直不動産』第6話感想・考察】山下智久&市原隼人の最強ペア、真摯に向き合う姿から学ぶもの

目次

・桐山の不審な行動
・永瀬が物にした正直営業スタイル
・桐山の壮絶な過去と想い
・仕事をする理由って何?
【『正直不動産』第6話感想・考察】山下智久&市原隼人の最強ペア、真摯に向き合う姿から学ぶもの

ドラマ好きなイラストレーター、ゆう。(@yamapyou)さんによるドラマコラム。

2022年4月スタートのテレビドラマ『正直不動産』(NHK)の見どころや考察を連載していきます。

桐山(市原隼人)のスパイ疑惑が浮上。そんな矢先、社長の命令で永瀬と桐山はペアを組み、大型案件を任されることに。

一緒に仕事をする中で、永瀬は桐山の壮絶な過去と仕事に対する想いを知ることになる。

桐山の不審な行動

桐山の不審な行動は、以前から見られた。

ライバル会社であるミネルヴァ不動産の社長との密会や、深夜に会社のパソコンにアクセスしていた痕跡などがある。

また月下(福原遥)が挨拶をしていた近所の優しいおばあちゃん・衛藤明子さん(松金よね子)の家についてもそうだ。

月下の調べた限りでは1億円の価値があるところを桐山は7500万円で売ろうとしていたのである。

どうして2500万円も下げているのか不審に思った月下は桐山に問いかけるも、答えてはもらえなかった。

ますます怪しさのます桐山。しかし、これがきっかけで我々も『本当の桐山』を知ることになる。

永瀬が物にした正直営業スタイル

永瀬と桐山がペアを組み、今回担当したのは『建築条件付き土地』。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.