くらし情報『【『正直不動産』第10話感想・考察】山下智久の魅力が作り上げた主人公・永瀬財地、正直不動産が本当に伝えたかったこと』

2022年6月13日 18:27

【『正直不動産』第10話感想・考察】山下智久の魅力が作り上げた主人公・永瀬財地、正直不動産が本当に伝えたかったこと

目次

・山下智久の魅力が作り上げた主人公・永瀬財地
・壮大な伏線回収とそのメッセージ
・ついに『誕生』した正直不動産
【『正直不動産』第10話感想・考察】山下智久の魅力が作り上げた主人公・永瀬財地、正直不動産が本当に伝えたかったこと

ドラマ好きなイラストレーター、ゆう。(@yamapyou)さんによるドラマコラム。

2022年4月スタートのテレビドラマ『正直不動産』(NHK)の見どころや考察を連載していきます。

自分が『大切にしたいもの』に捧げられることは何だろう。

お金を使う、時間を作る、情報を与える…そうやって物理的に支えることの前に、もっと重要なことがある。このドラマが3か月という時間をかけて伝えてくれたもの。

それは真摯に向き合うということだ。

大切なもの、大切な人にこそ私たちは真摯に、そして誠実に向き合わなければならない。『正直に生きる』とはそういうことなのだ。

山下智久の魅力が作り上げた主人公・永瀬財地

2022年6月7日に感無量の最終回を迎えた正直不動産。

ついに因縁の相手、ミネルヴァ不動産との戦いは最終局面を迎える。

会社のピンチを救わなければならない永瀬(山下智久)は、一人、神社を訪れていた。

すがる思いで神頼みをすると、突然妙な風が吹き始める。

強い風は後ろから永瀬を襲い、その衝撃と共に長く彼を苦しめていた祟(たた)りがついに遥か彼方へと消えた。

再び嘘がつけるようになった永瀬は、ついにこの日が来たと言わんばかりに、さっそく上手い言葉で上司をよいしょし、職場の女性に甘い言葉をかける。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.