くらし情報『くも膜下出血を発症した夫 10年後、紙に書いた言葉に「泣けてくる」』

2022年6月14日 11:26

くも膜下出血を発症した夫 10年後、紙に書いた言葉に「泣けてくる」

くも膜下出血を発症した夫 10年後、紙に書いた言葉に「泣けてくる」

oriko(@HideOriko)さんの夫は10年前、くも膜下出血を発症しました。

後遺症により、夫は身体を動かすことができず、気管を切り開いたために声を出すこともできません。

コミュニケーションを取ることが難しくなったのです。

しかし、10年もの間、懸命なリハビリを続けた結果、夫は文字を書けるようにまで回復。

orikoさんは、朝に夫が紙に書いてくれたひと言を見て、涙を流しました。

くも膜下出血を発症した夫 10年後、紙に書いた言葉に「泣けてくる」

夫が紙に書いたのは、「幸せ」のひと言。

夫は、発症から10年間、orikoさんに支えられて暮らしていることに幸せと感謝を感じ、紙に書いて伝えたのでしょう。

orikoさんは、夫が書いた言葉を見て、「なかなか言葉を伝えることが難しい夫がこんな言葉を書いてくれるなんて…。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.