くらし情報『違いが分かる? 『雨が降る』時の3つのいい方とは』

違いが分かる? 『雨が降る』時の3つのいい方とは

※写真はイメージ

テレビやネットなどで、天気予報を確認してから出かける人は多いでしょう。

特に雨模様の日は、不安でチェックが欠かせませんよね。

しかし、天気予報で使われる用語の中には、耳慣れない単語もあるもの。

天気予報を確認したら、むしろ「判断するのに困った」なんてことはありませんか。

天気予報で『雨が降る』3つのいい方は?

気象庁はウェブサイトを通じて、雨が降る時によく使われる表現の違いについて解説。

雨が降るタイミングや、期間によって『時々雨』『一時雨』『のち雨』を使い分けているといいます。

曇り時々雨、曇り一時雨、曇りのち雨は、どう違うのですか?

雨の降り方(断続的や連続的)や予報期間中における降っている時間の割合、降り方の傾向によって、予報表現が決まっています。

●時々雨:雨が断続的に降り、その降っている時間が予報期間の1/2未満の場合。


●一時雨:雨が連続的に降り、その降っている時間が予報期間の1/4未満の場合。

●のち雨:予報期間内の前と後で天気が異なるときで、雨が後ろになる場合。

気象庁ーより引用

雨が途切れ途切れに降っていて、降雨時間が予報している間の、2ぶんの1未満だと『時々雨』。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.