くらし情報『麦茶をプラ容器で保存しないで 正しい保存方法に「ためになりました」』

麦茶をプラ容器で保存しないで 正しい保存方法に「ためになりました」

目次

・麦茶を長持ちさせる保存のコツ
・プラスチック容器で保存しない
・麦茶パックを入れたままにしない
・常温で粗熱を取らない
・麦茶の正しい扱い方
・作った麦茶の保存期間の目安はどれくらいか
・麦茶は腐るとどうなるのか
・麦茶パックはどう保存すればいいのか
※写真はイメージ

暑い夏にキンキンに冷えた麦茶は最高においしいですよね。麦茶はカフェインが含まれていないため、小さいお子さんがいる家庭でも重宝しているでしょう。

しかし、正しく保存しないと雑菌が増殖して食中毒につながります。おいしく長持ちさせるために、正しい保存方法を確認しましょう。

麦茶を長持ちさせる保存のコツ

麦茶を長持ちさせて安心して飲むための方法を紹介しているのは、『くらしのマーケット』Instagram公式アカウント(curama.jp)です。

それでは、麦茶を長持ちさせるコツを確認していきましょう。


プラスチック容器で保存しない

プラスチック容器は傷付きやすく傷付いた部分は洗浄しづらいため、雑菌が繁殖しやすくなります。

できるだけ長く保存したい場合は、隅々まで洗いやすいガラス製容器を使いましょう。

麦茶パックを入れたままにしない

麦茶パックを長時間入れておくと、雑菌が繁殖しやすくなります。

麦茶がお好みの濃さになったら麦茶パックを取り出して、冷蔵庫に入れて保存しましょう。


常温で粗熱を取らない

麦茶を作って常温で冷ますと、雑菌が繁殖しやすい環境になります。

できるだけ早く冷ますことが大切なので、桶やボウルに氷水を張り、その中に麦茶の入ったやかんをそのまま入れるなどして冷ましましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.