くらし情報『京都で『迷惑な観光客』の対策に立札 罰金1万円で賛否両論』

京都で『迷惑な観光客』の対策に立札 罰金1万円で賛否両論

目次

・祇園に立てられた『通行禁止の立札』が話題に
・罰金1万円の立札に賛否両論
※写真はイメージ

観光客に人気がある京都府。

寺社仏閣を含めた古都の街並みを見るため、海外からの観光客も数多く訪れています。

写真撮影を楽しみながらの街歩きは、旅行の楽しみ方の1つですが、振る舞いに問題があり、地域住民とのトラブルに発展するケースもあるようです。

京都府の場合、迷惑行為に対する、ある地区の対応に賛否の声が上がりました。

祇園に立てられた『通行禁止の立札』が話題に

以前より、観光客による芸舞妓のつきまといや、ゴミのポイ捨てなどに悩まされてきたのは、同府の京都市東山区にある祇園地区。

メインストリートの花見小路の脇にある、個人や法人が所有する私道の通り抜けや、住宅の撮影などをする観光客も確認されていました。

数々の迷惑行為を受け、同区の地元協議会は、2024年4月末頃から私道の通り抜け禁止を告げる高札の順次設置を決定。

同年5月29日には、花見小路の脇道である私道『小袖小路(こそでこうじ)』に高札を設置する工事が行われ、話題となりました。


小袖小路の場所を示すプレートの写真

※写真はイメージ

『小袖小路』はネットドラマで舞台となったことから、ファンが撮影の地を巡る、いわゆる『聖地巡礼』の場所の1つとして観光客が押し寄せていました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.