くらし情報『医師が笑った『レントゲン画像』 写っていたモノに「尊い」「たまらん…」』

医師が笑った『レントゲン画像』 写っていたモノに「尊い」「たまらん…」

医師が笑った『レントゲン画像』 写っていたモノに「尊い」「たまらん…」

親にとって、我が子は目に入れても痛くない存在。

頭のてっぺんから足のつま先まですべてが愛おしいと思えるほど、特別な感情を抱くものです。

何気ない会話や、ふとした仕草など、子供のかわいさを実感する場面はさまざまですが、時には意外な場所で『我が子のかわいさ』に直面することもあるようです。

病院で息子の手のレントゲンを撮ったら?

ココ3(@shonancoco3)さんはある日、手を痛めた1歳の息子さんを病院に連れて行ったといいます。

骨折などの可能性を考え、医師は両手のレントゲンを撮影。場合によっては、重大なケガが判明する可能性もあるため、ココ3さんは気が気でなかったでしょう。

…しかし、その後写っていたモノを見た医師とココ3さんは、笑い合う事態に!

理由が分かる、実際のレントゲン写真をご覧ください。


レントゲンの写真

か、かわいすぎる!

そこには発達途中の骨がはっきりと写っており、レントゲン写真ではあるものの、ムチッとした肉感が伝わってきます…。

我が子のかわいさを熟知しているココ3さんでも、骨格までかわいいとは驚いたことでしょう。なおさら、愛おしさがこみ上げますね!

幸い、息子さんは大事には至らなかったようです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.