くらし情報『アルミホイルの表はどっち? 企業の回答に「ずっと勘違いしていた」』

アルミホイルの表はどっち? 企業の回答に「ずっと勘違いしていた」

※イメージ写真

食材の調理や、料理を包むのに便利な、アルミホイル。

使う時にどちらが『表』になるのか気になったことはないでしょうか。

アルミホイルに表裏はある?

アルミホイルは、片面がピカピカしていて光沢があり、もう片面は光沢がないマットな見た目をしていますよね。

光沢があるほうが『表』、マットなほうが『裏』として、使い方に違いがあると思っている人は少なくないかもしれません。

『サンホイル』を製造・販売する、東洋アルミエコープロダクツ株式会社は、ウェブサイトでアルミホイルの『表裏』について、次のようにつづっています。

アルミホイルは、薄いアルミ箔を二枚重ねにしてローラーとローラーで挟んで伸ばして薄く仕上げる(圧延)ことによって製造されます。

その工程上でローラーに当たっていた面はピカピカ面となり、アルミとアルミが重なっていた面はつやの無い(マット面)状態となります。

見た目が違うだけで材質も機能も全く変わりませんので、裏も表もありません。


東洋アルミエコープロダクツ株式会社ーより引用

同社によると、アルミホイルには表裏がないとのこと。

見た目の違いは、製造工程によるもので、機能や材質には影響がないのだといいます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.