くらし情報『エアコンのホースから水が出ない コレって故障? 企業の説明に「なるほど」』

エアコンのホースから水が出ない コレって故障? 企業の説明に「なるほど」

目次

・エアコンのドレンホースから水が出ない理由
・仕組みを知れば安心
※写真はイメージ

エアコンの冷房作動時に外のドレンホースから水が出ることを知っている人は多いでしょう。

逆に水が出ていないと、「エアコン内部に溜まっている?もしかして故障?」と焦ってしまうかもしれません。

実は、冷房を運転しているからといって常に水が出るわけではないのだとか。その理由を見ていきましょう。

エアコンのドレンホースから水が出ない理由

エアコンの冷房や除湿を運転している時にドレンホースから水が出てこないと、エアコンが壊れてしまったのではないかと心配になるかも知れません。

エアコンのドレンホースについて解説しているのは、『Panasonic』(以下パナソニック)の公式サイトです。

『ドレンホース』とは、エアコンの冷房を作動させた時に室内機から発生した水を排出させるためのホースです。室外機の周りを見ると、細いチューブのようなものが見えるはず。
それがドレンホースです。

冷房や除湿運転時にドレンホースから水が排出されないと心配になりますが、パナソニックの公式サイトによると「部屋が冷えていれば問題ない」とのこと。

ドレンホースから水が出る時と出ない時がある理由は、以下の通りです。

お部屋の空気中に含まれる水分量は、環境(室内外の温度、湿度、お部屋の気密・断熱性など)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.