くらし情報『柴犬の隣を見ると? 2週間後の光景に「泣ける」「最高か」』

柴犬の隣を見ると? 2週間後の光景に「泣ける」「最高か」

柴犬の隣を見ると? 2週間後の光景に「泣ける」「最高か」

飼い主とペットの関係性をひと言で表す時、『親子』という言葉がしっくりくる家は多いことでしょう。

同じ場所でともに暮らし、過ぎ去る日々を大切に思い出を増やしていく…。そんな関係性を築く上で、種族の違いは関係ありません。

もちろん動物同士でも、心がつながれば立派な家族になれるはずです。

柴犬の先住犬と、『新入り』であるサモエドの子犬

柴犬のあいちゃんと暮らす飼い主(@toshi38410872)さんは、新たな家族を迎え入れました。

それは、サモエドのアイスちゃん。雪のように真っ白な体毛がチャームポイントの、元気いっぱいな子犬です。

家族が増えるのは喜ばしいこと。
しかし、多頭飼いをするにあたって重要なのは、先住動物との相性です。

最初は「ちゃんと仲よくできるだろうか」という不安もあったものの、飼い主さんはアイスちゃんを迎えることを決意。その結果、2匹がどのようになったかは、実際の写真を見れば分かるはずです!

柴犬とサモエドの写真
柴犬とサモエドの写真
柴犬とサモエドの写真

およそ2週間後、そこには何をするにもあいちゃんに寄り添い、すっかり『お姉ちゃんっ子』になったアイスちゃんの姿が!

穏やかで、優しい心の持ち主である、あいちゃん。これまでの生活でその姿を見ていたからこそ、飼い主さんは「あいちゃんなら、きっと立派なお姉ちゃんになってくれる」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.