くらし情報『ワセリンの意外な活用法 警視庁公式Xの投稿に「意外と万能」』

ワセリンの意外な活用法 警視庁公式Xの投稿に「意外と万能」

目次

・ワセリンの意外な活用方法
・擦れ防止
・軽度の擦り傷や軽いヤケドの保護
・着火剤
※写真はイメージ

肌や唇の保湿に役立つ『ワセリン』。実は保湿以外にも活用する場面があることを知っていますか。

警視庁警備部災害対策課(@MPD_bousai)の公式Xでは、知っておくと役立つワセリンの意外な使い方を紹介しています。

ワセリンの意外な活用方法

ワセリンとは天然成分の石油から作られている保湿剤。高純度に精製し不純物を取り除いているので、安心して使用できます。

ワセリンを肌に塗ることで肌に薄い油膜ができ、肌から水分が蒸発して乾燥するのを防げるのが特徴。この油膜が保湿以外の用途にも使えるのです。


擦れ防止

新しい靴を履く時、靴擦れを起こしやすいもの。なかには絆創膏で対策している人もいますが、警視庁警備部災害対策課の公式Xでは、絆創膏の代わりにワセリンが使えると紹介しています。

ワセリンの油膜が摩擦の刺激から肌を守るので、擦れやすい『かかと』に塗っておくのがおすすめです。

そのほかウエットスーツを着る時、膝裏に塗っておくのも効果的とのこと。『ウエット擦れ』によるヒリヒリとした痛みを防げるでしょう。すでに擦れて痛い時にも効果があるそうです。

軽度の擦り傷や軽いヤケドの保護

傷を早く治すためには保湿が大切。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.