くらし情報『レシートを束で捨てるのは危険! その理由に「納得」「もうしません」』

レシートを束で捨てるのは危険! その理由に「納得」「もうしません」

目次

・レシートの捨て方には注意が必要
・行動範囲が分かりやすい
・行動パターンが予測されやすい
・帰宅時間が推測されやすい
・捨てる時にはひと手間かけて
※写真はイメージ

財布の中がパンパンになってきた時や、毎月の支出を記録し終わった時、まとめてレシートを捨てる人は多いでしょう。

もしかすると、そのレシートが思わぬトラブルのもとになるかもしれません。

本当は怖い『レシートのまとめ捨て』と対応策を紹介します。

レシートの捨て方には注意が必要

電子化が進んでいる世の中ですが、まだまだ紙のレシートは消えません。家計簿をつけるために持ち帰ったり、領収書として保管したりする人も多いでしょう。

問題は捨て方です。300種類以上のサービスが頼める『くらしのマーケット』(curama.jp)の公式アカウントによると、レシートをまとめて捨てるのはNGなのだそう。

レシートには買い物をした内容だけではなく、店舗や購入時間も打刻されています。
1枚1枚を見ただけでは特に気になることはないかもしれませんが、まとまった枚数なら話は別。個人情報を集めている人にとっては宝の山なのです。

例えば、レシートを見るだけで以下のように個人情報が明らかになってしまいます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.