くらし情報『「消費者の方々にも知ってほしい」 サクランボの『双子果』、各地で異常発生相次ぐ』

「消費者の方々にも知ってほしい」 サクランボの『双子果』、各地で異常発生相次ぐ

目次

・サクランボの『双子果』猛暑の影響で大量収穫
・サクランボの『双子果』について、果樹園に話を訊いた
「消費者の方々にも知ってほしい」 サクランボの『双子果』、各地で異常発生相次ぐ

サクランボの旬は一般的に、初夏の5~7月頃とされています。

スイーツの上に飾り付けたりそのままパクっと口に入れたり、さまざまな味わい方がありますよね。

2024年6月現在、サクランボの『双子果』が異常発生していることが各メディアを通じて広まると、SNS上で話題に。『双子果』の存在に頭を悩ませる生産者が、後を絶たないといいます。

サクランボの『双子果』猛暑の影響で大量収穫

異常事態ともいえる『双子果』の大量発生は、2023年に続いた記録的な猛暑が影響と見られているようです。

『双子果』とは、サクランボの実が2つくっ付いたような形に生育したもの。正規品として出荷できず、規格外品に分類されます。果実として出荷するのが難しく、ジュースなどの加工品に使用することもありますが、廃棄されるケースが多いのが実情です。


正規品が少ないと、生産者の収入が減ってしまうのは目に見えています。こうした現状を打破するため、『双子果』が全国の消費者のもとへ届くよう、ECサイトなどを活用して販売する生産者も増えているとか。

grapeでは、福島県福島市内でサクランボやモモ、リンゴなどを栽培する篠木果樹園に、生産者のリアルな声をうかがいました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.