くらし情報『バターナイフの入れっぱなしはNG? 明治の説明に「知らなかった」』

バターナイフの入れっぱなしはNG? 明治の説明に「知らなかった」

※写真はイメージ

日々の食卓に欠かせない、マーガリン。

バターよりも安価で、パンとの相性も抜群なので、多くの家庭で愛用されています。

しかし、マーガリンの誤った保管方法により、品質を落としてしまう可能性があると、株式会社 明治(以下、明治)が説明しています。

よくやりがちな保管方法は、実はダメ?

マーガリンの容器には、バターナイフを立てかけておくためのくぼみがあります。


マーガリンの写真

※写真はイメージ

容器にバターナイフをセットしておくと、すぐ使えて便利ですよね。

中には、パンを塗った後のバターナイフをそのまま容器に戻す人もいるでしょう。

明治は、マーガリンの保管方法について、このように説明しています。

マーガリン類は、必ず10℃以下で冷蔵保存をしてください。開封後は、ふたをしっかり閉じて、パンくずなどがついたバターナイフなどを入れっぱなしにしないように心がけてください(パン屑などがカビ発生の原因になります)。また、常温に置き温度が上がると、結露したり、マーガリンが溶けたりして、カビが生えやすくなりますので、使い終わったら容器のふたをきちんと閉めて、すみやかに冷蔵庫に保存してください。賞味期限は未開封で表示通りの保存をした場合に、おいしく召し上がれる期限です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.