くらし情報『切った桃の変色を防ぐには? 農園が教えるコツに「次こそやる」「参考になる」』

切った桃の変色を防ぐには? 農園が教えるコツに「次こそやる」「参考になる」

目次

・桃が変色するのはなぜか
・桃の変色を防ぐ方法3パターン
・塩水につける
・レモン汁をかける
・砂糖水につける
※写真はイメージ

強い甘みといい香りで、人気の高いフルーツの1つである桃。旬である夏には桃を食べるのを楽しみにしているという人も多いのではないでしょうか。

桃はとてもやわらかく口当たりがいいフルーツですが、そのぶんとてもデリケートでもあります。

皮を剥きカットした途端に断面の変色がはじまってしまうこともしばしば。桃の変色を防ぐ方法を、阿蘇西農園の公式サイトからご紹介します。

桃が変色するのはなぜか

桃をはじめ、リンゴやバナナなど一部のフルーツは皮を剥いたりカットしたりした後、果肉が茶色っぽく変色してしまうことがあります。

その理由は、果肉に含まれるポリフェノールと酸化酵素にあります。

フルーツの皮を剥いたりカットしたりすることで、果肉に含まれているポリフェノールが空気中に含まれている酸素に触れます。


そうするとポリフェノールは酸化酵素と反応を起こし、果肉を茶色っぽく変色させてしまうのです。

変色しても問題なく食べられますが、旬のフルーツはやはり見た目もきれいなままいただきたいもの。桃の変色を防いできれいな色合いを保つにはどのような工夫が効果的なのでしょうか。

桃の変色を防ぐ方法3パターン

阿蘇西農園の公式サイトによると、桃の変色を予防する方法は3種類あるとのこと。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.