くらし情報『『こんな使い方が!』 食パンにまつわるアッと驚く裏技3選に「知らなかった」』

『こんな使い方が!』 食パンにまつわるアッと驚く裏技3選に「知らなかった」

目次

・1.即席のパン粉を作る
・2.ふっくらとした食パンに戻す
・3.トースターなしで食パンをトースト
・すぐに試せる裏技ばかり
『こんな使い方が!』 食パンにまつわるアッと驚く裏技3選に「知らなかった」

食パンをトースターで焼いて食べる人は多いはず。しかしトースターで焼く以外にも、さまざまな活用法・調理法があるのです。

ローソンLawson Japan(akiko_lawson)の公式Instagramで紹介されている、食パンの裏技を実際に試してみました。

1.即席のパン粉を作る

揚げ物を作る際に使う『パン粉』は食パンがあれば手作りできます。

まずパンを耐熱皿にのせ、ラップをかけずにそのまま電子レンジ(600W)で1分20秒温めましょう。

一度取り出して食パンを裏返します。するとお皿に水が付いていたり、パンの端が少しぬれたりしていて、水分が抜けているのが分かるはずです。


端がぬれている食パン

さらに1分程加熱すると、水気がなくなり固くなります。もし水分が残っているようなら、追加で10秒ずつ加熱してみましょう。

粗熱を取ってからおろし金で削れば、簡単に『パン粉』の完成です。

パンを削る様子
完成したパン粉

おろし金を使う際は、ケガに気を付けてください。

2.ふっくらとした食パンに戻す

買ってから日が経った食パンは、とちゃんと袋を締めていても少し固くなってしまうことがあるでしょう。ひと工夫でふっくらした食パンに戻してみましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.