くらし情報『風呂場の『あそこ』には使わないで! 企業の回答に「意外だった」「やっちまった」』

風呂場の『あそこ』には使わないで! 企業の回答に「意外だった」「やっちまった」

※写真はイメージ

夏が近付き、気温や湿度が高くなってくると、気になるのが家中の『カビ』。

風呂場や排水口などが、いつも以上にぬめりやすくなるため、定期的な掃除が欠かせません。

しつこいカビには、スプレータイプのカビ取り剤などが掃除で活躍するでしょう。

カビキラーはあそこに使わないで!

ピンク色のぬめりや、黒カビを落としてくれるカビ取り剤。

泡を洗い流してきれいになる様子は気持ちがよく、ありとあらゆる場所に使いたくなりますよね。

しかし、カビ取り剤を使用できない場所ももちろんあります。『カビキラー』を販売するジョンソン株式会社には、よくこのような質問が寄せられるようです。

「浴槽の汚れがひどいので、『カビキラー』を使ってもいいですか?」

床や天井、排水口などに使えて、浴室で大活躍する『カビキラー』。
浴槽の汚れもきれいにできそうですよね。

ですが、同社はウェブサイトでこのように回答していました。

「カビキラー」は浴槽に使わないでください。浴槽の素材によっては変色のおそれがあります。

浴槽の汚れは、主に水アカや、人の皮脂などの油分と石けんカスが混じった湯アカなので、対象とする汚れの種類が「カビキラー」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.