くらし情報『「盲点だった」「助かる」 聴覚障害を持つ人のために、21歳の大学生がマスクを開発』

2020年4月3日 18:52

「盲点だった」「助かる」 聴覚障害を持つ人のために、21歳の大学生がマスクを開発

Ashley Lawrence

世界で多数の感染者を出している新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)。

感染予防のために、マスクを使用している人も多くいるでしょう。しかし、マスクの使用が増えたことによって困る人もいました。

聴覚障がい者でも使えるマスク

聴覚障害がある人の中には、相手の表情や唇の動きから情報を得てコミュニケーションをとる人もいるといいます。

ですが、マスクにより相手の顔の半分が隠れてしまうため、コミュニケーションをとることが難しくなってしまいました。

アメリカのケンタッキー州にある、イースタンケンタッキー大学に通う21歳のアシュリー・ローレンスさんは、聴覚障害のある人を助けるアイテムを開発。

地元のニュースメディア『LEX18』によると、アシュリーさんは、聴覚障害について学んでいるといいます。

アシュリーさんは、聴覚障害の人がマスクをしていてもコミュニケーションが取れるマスクを作ったのです。

So right before the pandemic, masks were made and made commercialized to help people with hearing loss have access to...

Ashley Lawrenceさんの投稿 2020年3月30日月曜日
このマスクなら、口元がプラスチック製の透明になっているため、マスクをしていても唇の動きが分かります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.