くらし情報『自己中心的だった女性を一変させた言葉とは 「耳が痛い話」「とても刺さる」の声』

2020年5月5日 12:10

自己中心的だった女性を一変させた言葉とは 「耳が痛い話」「とても刺さる」の声

自己中心的だった女性を一変させた言葉とは 「耳が痛い話」「とても刺さる」の声

デザイナーとして働いていた吉倉たま(@wwtamaaaa)さん。

職場はいわゆる『ブラック企業』だったため人の入れ替わりが激しく、入社3年目にしてすでに中堅社員という立場でした。残業時間は1か月に100時間ほどで、毎日さまざまなことにイライラしていたといいます。

そんな姿を見ていた上司の言葉は、吉倉さんの性格を一変させたそうです。

『自己中な性格だった自分が上司の言葉で変わった話』

自己中心的だった女性を一変させた言葉とは 「耳が痛い話」「とても刺さる」の声
自己中心的だった女性を一変させた言葉とは 「耳が痛い話」「とても刺さる」の声
自己中心的だった女性を一変させた言葉とは 「耳が痛い話」「とても刺さる」の声
自己中心的だった女性を一変させた言葉とは 「耳が痛い話」「とても刺さる」の声
自己中心的だった女性を一変させた言葉とは 「耳が痛い話」「とても刺さる」の声
自己中心的だった女性を一変させた言葉とは 「耳が痛い話」「とても刺さる」の声
自己中心的だった女性を一変させた言葉とは 「耳が痛い話」「とても刺さる」の声
自己中心的だった女性を一変させた言葉とは 「耳が痛い話」「とても刺さる」の声

上司は、この言葉で吉倉さんに「謙虚でいなさい」ということを伝えたかったようです。

しかし当時、吉倉さんは上司の言葉に納得できませんでした。

退職後も「謙虚ってなんだ?」と考え続けた吉倉さん。

思い当たる点を考えるものの、どうすれば謙虚になれるのかが分からなかったといいます。

吉倉さんは、考えた末に『人の話を聞く』という行動に至りました。

17年ぶりに会う同級生と同じ職場で働くと…

自己中心的だった女性を一変させた言葉とは 「耳が痛い話」「とても刺さる」の声
自己中心的だった女性を一変させた言葉とは 「耳が痛い話」「とても刺さる」の声
自己中心的だった女性を一変させた言葉とは 「耳が痛い話」「とても刺さる」の声
自己中心的だった女性を一変させた言葉とは 「耳が痛い話」「とても刺さる」の声
自己中心的だった女性を一変させた言葉とは 「耳が痛い話」「とても刺さる」の声
自己中心的だった女性を一変させた言葉とは 「耳が痛い話」「とても刺さる」の声

『実るほど頭を垂れる稲穂かな』

ほかの職場に行くと、自己中心的だった自分に重なるような人に出会い、上司の言葉が身にしみたといいます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.