くらし情報『木村花さんの件を受け、誹謗中傷の特定を簡易化へ 「抑止力になりそう」の声』

2020年5月26日 13:49

木村花さんの件を受け、誹謗中傷の特定を簡易化へ 「抑止力になりそう」の声

木村花さんの件を受け、誹謗中傷の特定を簡易化へ 「抑止力になりそう」の声

2020年5月23日、女子プロレスラーである木村花さんが亡くなりました。

22歳という若さでこの世を去った、木村さん。自宅に遺書が残っていたため、警視庁は自ら命を絶ったと見ています。

木村さんはバラエティ番組への出演をきっかけに、SNSで不特定多数から「早く消えてくれ」「テレビに出るな」といった誹謗中傷を受けていました。

【訃報】女子プロレスの木村花さん22歳が逝去インスタで「さようなら」と投稿

ネットが普及したことによって、著名人への誹謗中傷行為は絶えません。きっと相手の顔が直接見えない点に加え、反撃されにくいため攻撃しやすいのでしょう。

今回の騒動を受け、これまで誹謗中傷に耐えてきた多くのタレントが、新時代の『いじめ』に苦言を呈しています。

木村花さんの騒動を受け、誹謗中傷の特定が容易になるよう制度改正か

産経ニュースによると、同月26日、高市早苗総務相は記者会見で木村さんの件について「匿名で他人を誹謗中傷する行為は、人として卑劣で許しがたい」とコメント。

誹謗中傷による被害を減らすため、今後は発信者の特定を容易にするための制度改正をスピード感を持って行うと述べました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.