くらし情報『隊形を変えて飛行したブルーインパルス 隊形に込められた『願い』とは?』

2020年5月29日 17:04

隊形を変えて飛行したブルーインパルス 隊形に込められた『願い』とは?

隊形を変えて飛行したブルーインパルス 隊形に込められた『願い』とは?

2020年5月29日、12時40分~13時の間に東京上空を飛行したブルーインパルス。

同じ経路を2周したブルーインパルスは、1周目と2周目でそれぞれ隊形を変えていました。


1周目は『デルタ』、2周目は『フェニックス』。実は、この2周目の『フェニックス』と呼ばれる隊形には、ある意味が込められていたのです。


もともと復興のシンボルとして造られた隊形というフェニックス。

東日本大震災の時と同様、新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)により、日本中が大きな不安感につつまれています。

コロナウイルスにより失われた命も多く、その損失は計り知れません。

また、まだコロナウイルスが完全に終息したわけではなく、今も闘いは続いています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.