くらし情報『水族館の『エサやり寄付』が何かおかしい 「爆笑した」「発想の勝利」』

2020年6月7日 12:13

水族館の『エサやり寄付』が何かおかしい 「爆笑した」「発想の勝利」

水族館の『エサやり寄付』が何かおかしい 「爆笑した」「発想の勝利」

2020年5月25日、全国で新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言が解除されました。

これを機に、営業休止を余儀なくされていた多くの施設や店が『ソーシャルディスタンス(社会的距離)』を守った上で営業を再開しています。

桂浜水族館の『エサやり寄付』がどこかおかしいと話題に

高知県高知市にある桂浜水族館も、営業を再開した施設の1つ。

しかし感染防止のため、ショーなどのアトラクションはすべて中止し、常設のエサやり体験のみ実施しています。

桂浜水族館は同年6月5日から1週間限定で、カワウソやアシカ、トドにエサをあげられる寄付プランを募集し始めました。

しかし、ウェブサイトをよく見てみると…。

水族館の『エサやり寄付』が何かおかしい 「爆笑した」「発想の勝利」

Gaiax スクリーンショットより

………ん?

水族館の『エサやり寄付』が何かおかしい 「爆笑した」「発想の勝利」

Gaiax スクリーンショットより

「飼育員へのエサやり」…?

動物たちにまぎれているのは、桂浜水族館の飼育員へのエサやりプラン。

なんと、1000円でショーチームの飼育員である『ヤブ』さんと、ショーチームのリーダーである『まるのん』さんに『エサ』をあげられるようです。

ここではエサと表記されていますが、きっと飼育員に感謝の気持ちを込めておいしい食事をごちそうできる…という意味なのでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.