くらし情報『マタハラを受け、駅で泣いていた女性 すると障害を持つ男の子がやってきて…?』

2020年6月17日 14:13

マタハラを受け、駅で泣いていた女性 すると障害を持つ男の子がやってきて…?

※写真はイメージ

2020年6月15日にTwitterに投稿された、ある女性のエピソードに反響が上がっています。

妊婦に傷付く発言をしたり、舌打ちをしたりするなど、妊娠中の女性を傷つけるような行為をするマタニティハラスメント(以下、マタハラ)。

酷い場合は、お腹に赤ちゃんがいるにもかかわらず、身体を蹴るなどの行為をする人もいます。

当時、妊娠中だった女性も毎日通勤途中にマタハラにあっていました。

駅で泣いているところに現れたのは…

ある時、連日のマタハラに耐えられなくなり、駅のホームで泣いていた女性。

すると、そこに5歳の男の子が何もいわずにスッとハンカチを差し出してくれたといいます。

男の子のそばにいた母親は、女性にこのように話したそうです。

「この子には話ができないなどの障害があります。それでも毎日ポケットをハンカチでいっぱいにして、困ってる人やお友達がいるとハンカチを渡しているんです。だからもらってください」

男の子は障害で話すことはできませんが、誰よりも優しい心を持っているのです。

優しい気遣いに心打たれ、涙を流す女性。

別れ際、男の子は妊娠している女性のお腹を優しくなでて、お腹にバイバイと手を振ったといいます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.